読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狼と香辛料 13

狼と香辛料 13。短編集。ということで、なんか淡泊なお話が3つ。んー、イマイチ盛り上がらんなー、というのが正直な感想。やっぱり支倉凍砂は商取引を書かないと他のラノベとの違いが出てこないよなぁ、という気がしてきた。ホロ可愛いよホロ、で引っ張るのもアリではあるのですが、流石にココまで長期シリーズになるとそれだけでは厳しいかと。

要するに何が言いたいかというと、支倉凍砂狼と香辛料ではない作品、具体的に言うと女子高生トレーダーが活躍する「してせんっ」とかいう感じの新しいシリーズが読んでみたいのだっ