読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涼宮ハルヒの消失

昨日はチネチッタのレイトショーで涼宮ハルヒの消失を見てきた。各所で好評だったので期待値が高かったせいもありますが、どーにもイマイチ。コレ、映画でやる意味が分からない。ストーリー的に単話完結してないので、設定その他思い出す必要があるというのがどうにも辛い。結構普通にSFなので話すっ飛ばして楽しめる作品でもないし。原作のまんまといえばそのまんまなのですが、メディアの違いというのが全く考えられてないのはなんなんでしょうなぁ。おかげで、無意味に長い。特に後半はひたすら伏線の消化に費やしてることもあってダレてる感じ。出来はいいのは間違いないのですが、なんか面白く感じない。

でも、ただ1点。前半に出てきたメガネの長門が可愛すぎる。あれは凄すぎる。アレを見るためだけに見に行くのはアリだと思う。そして、メガネがない方が良いとかぬかすキョン君とは永遠にわかり合えないと思う。