読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狼と香辛料〈14〉

狼と香辛料〈14〉。完結にむけて穏やかに進んでいく物語。ここまで終わるのに寂しさを感じさせられるお話も珍しい、というかホント巧い作品。目的地目前で足踏みしてるだけの一冊なわけですが、綺麗な心情描写が心を打ちます。

残り1冊か2冊なんでしょうが、それが楽しみというか寂しいというか微妙な感情になりますな。