読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三流木萌花は名担当! + えでぃっと!―ライトノベルの本当の作り方?!

三流木萌花は名担当!,えでぃっと!―ライトノベルの本当の作り方?!。同じネタの作品が近い発売日で被るというなかなか愉快な自体になってるわけですが、ついつい同日に続けて読んでしまうと、その差が歴然と分かってこれはこれで面白い。要素だけはイロイロ詰め込んだモノの、筆力の無さとプロットの起伏の無さで、絶望的に面白くないえでぃっとに対し、ベタながら分かりやすさを優先してラストに達成感のあるお話になってる三流木萌花と、非常に対照的。ま、どんぐりの(ry という説もありますが。

それにしても、一迅社文庫はホントこんな調子で大丈夫なのかな。ブログはよく話題になる様な気はしますが、作品は誰も評価しない感じだし…。