読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「この世界の片隅に記事」あれ?真実と違う…ブクマカ?指摘で発覚:朝日新聞デジタル

なんか軽い気持ちでブクマしたら60スター超えてしまった&なんか誤報から誤解したままの人がいそうな感じなので整理してみる。

まずは公式発表

konosekai.jp

2/17付けでOHPに掲載されたお詫びであります。青森はシネマディクトで昨年12/30~今年2/14まで未完成版の「この世界の片隅に」が上映されていたという、あまり聴かない類のお詫び。

情報不足から

  • DCP時代になんでこんなこと起きるんだろう
  • 何故に12/30からなんだ

みたいな反応はあったものの、そのあたりが分からずもやもやとした気分となりました。

そして朝日新聞

megalodon.jp

2017年2月19日20時48分付けで経緯を取材したと思われる記事が出ます。

昨年12月17日の上映開始後、音声の不具合があったため、スペアに交換したつもりだったが、それが最終完成前のバージョンだった 

ということで、待機系が古いバージョンだったっていうのはやらかしがちだよねぇ、とSE脳的に納得したものでした。

また同記事では、発覚したきっかけとして、

9回鑑賞したというファンが別の映画館との違いを見つけ、ツイッター上で片渕監督に「違うバージョンもあるのはなぜですか」と質問して発覚 

という記載があり、なるほど9回も見れば違いも分かってくるのかな、と納得したのでした。

ツイートを探してみよう

そこまでの朝日新聞の記事を読んで、指摘のツイートを探してみようと思い立ち、検索をしてみました。そして、ちょっと探しただけで突き止め完了。

ああ、これねー、と見つけたところでブクマ(21:46)

これが60スター以上集めることになります。

9回観賞したから違いが分かったのか?

そんな状況の中ご本人から9回は見ていないという発言が!(21:57)

こんなしょーもないネタでさえ朝日新聞クオリティなのか(苦笑)

はてブ上では22:40には指摘が上がります

「この世界の片隅に」あれ?完成版と違う…客指摘で発覚:朝日新聞デジタル

「9回」は違うっぽい https://twitter.com/nego_ka/status/833299390731218948

2017/02/19 22:40

b.hatena.ne.jp

とはいえ、朝日新聞が記事に書いてしまったので、刃など拡散されてしまったのでした。

朝日新聞の対応としては

流石である。いつものことではあるけど、何故に大手メディアは訂正履歴を載っけないんだろう。間違いは間違いで隠さなくても良いのに。とはいえ

ということで、ご本人には連絡をしているあたりは、最低限のことはしているといったところですかね。

じゃあ9回観賞した人は実在するのか

「この世界の片隅に」あれ?完成版と違う…客指摘で発覚:朝日新聞デジタル

20日追記:9回見た人はこっちじゃないかな→https://twitter.com/Hatsushibadenki/status/827216967362715648

2017/02/19 21:55

b.hatena.ne.jp

ということで、片淵監督とやりとりしていたのに、気のせいで済まされていた人がいた模様。

勿論このやりとりの後に具体的な指摘も来たので、片淵監督から東京テアトルへの確認がされたのでしょうが、この時点ではっきり指摘できていれば、という気もしないではないですね。

結局何が違ったの?

バージョン違いって結局何が違ったの?というところはこんな感じだった模様。

 やはり最後の映倫マークと同時に出る「ばいばい」の有無は、印象として大きく違いそうな気がします。そういう意味では9回も見て無くても気付きそうですね。

まとめ

  • 東京テアトルは配給会社としてあり得ないミスをしたよね
  • 朝日新聞ももうちょっとなんとかしようよ
  • つられた人はご愁傷様でした

 ばいばい

 

 

SAO オーディナルスケールで気になったひとつのこと【本筋ではないネタバレあり】

劇場版ソートアードオンライン オーディナルスケールをシネマシティで見てきました。

sao-movie.net

シネマシティのaスタを最大限に活かす音響と、aスタでは勿体ない作画と、これまでの蓄積を活かした脚本と、ホント良い映画でした。

それで、一番個人的に気になったところ。ネタバレといえばネタバレなので改行。

「大岡山」で爆笑してしまったのです。

秋葉原UDX・代々木公園・恵比寿ガーデンプレースと分かりやすい場所で話を展開してきてからの、大岡山ですよ。流れが卑怯すぎる。

家戻ってきてから確認したら、原作上にも東都工業大学という名前が確かに出てきていて、その頃からの設定ではあるのでしょうが、大岡山という地名が付いたことで一気にリアルに寄って感じられるようになったのでした。

はっ、これが拡張現実ってやつか(違

 

しかし、東大ではなく東工大なのは、なんか納得できる設定だよなー、とか思ったり。聖地巡礼がてら受験する人とか増えるのかな?

 

そんなこんなで変なところも楽しめたSAOオーディナルスケールでした。もうちょっと映像がちゃんとした劇場で見直したいかも・・・。

サバイバルファミリー公開ということで矢口史靖作品を並べてみる

バイバルファミリーが今日から公開されました。

survivalfamily.jp

舞台挨拶回に当選したのでTOHOシネマズ六本木ヒルズまで行ってみてきましたが、個人的には不完全燃焼。

 突然全世界から電気がなくなるという異常事態に対する「もしも映画」として結構頑張って作っているものの、それを2時間に押し込んでしまったが為にリアリティが犠牲になっていて残念な感じでした。要所要所のコメディとしてはよかったので、連続テレビドラマ向けの題材だったのかなぁ、という感じ。

これだったら矢口監督の過去作の方が面白かったのでは、という気もするので過去作品を纏めてみる。

裸足のピクニック(1993)

裸足のピクニック [DVD]

裸足のピクニック [DVD]

 

そいういえばいつか見ようと思いつつ結局未見だ(苦笑) いつか見よう :-p

ひみつの花園(1997)

ひみつの花園 [DVD]

ひみつの花園 [DVD]

 

銀行強盗が持ち出した5億円を我がものにせんと冒険をするお話。本作の一番印象的なのは、物凄くちゃっちい人形を使った特撮。本物っぽく見せようという気が全くないのが丸わかりというメタな笑いを取り込みつつ、お話を転がしていくのが素晴らしい。

☆☆☆

アドレナリンドライブ(1999)

アドレナリンドライブ [DVD]

アドレナリンドライブ [DVD]

 

真夏の出来事の使い方の凄さ。カーチェイスにあの曲を合わせて、最高に盛り上げるというのが兎に角凄い。

それ以外の部分も分かりやすい大きなプロットに先を見させない展開、小ネタ大ネタ織り交ぜた笑い等、非常にバランスの取れた良い映画でした。

☆☆☆☆☆

ウォーターボーイズ(2001)

ウォーターボーイズ [Blu-ray]

ウォーターボーイズ [Blu-ray]

 

矢口監督の出世作、ではあるものの個人的にはあまり印象に残っていなかったり。ラストの演技が凄かった記憶はあるけど。

☆☆

スゥイングガールズ(2004)

スウィングガールズ [Blu-ray]

スウィングガールズ [Blu-ray]

 

こちらもラストの演奏に全てを凝縮させた作品。 とはいえ、前半からバランス良くネタ挟んでいるので見ていて飽きない。

☆☆☆

ハッピーフライト(2008)

ハッピーフライト ファーストクラス・エディション [Blu-ray]

ハッピーフライト ファーストクラス・エディション [Blu-ray]

 

ANA全面協力の下の航空会社のお仕事ムービー。いろんな部署がそれぞれの役割で力を合わせて飛行機を飛ばしている、というところを真っ直ぐに描いた作品。そのひたむきな仕事ぶりに初見の時は劇場で泣いてしまったり。 

☆☆☆☆☆

ロボジー(2012)

ネタ的には面白いけど絵面的に厳しかったのがロボジー。人型ロボットに爺さんを入れるという一発ネタからの展開だったわけですが、流石に地味すぎた印象。

WOOD JOB(2014)

矢口監督唯一の原作あり作品。とはいえうまく原作と矢口テイストがマッチしていて笑いとストーリーのバランスが素晴らしい。役者陣もそれぞれがそれぞれの魅力を発揮していていい感じである。一般ウケという意味では一番の作品かもしれません。

☆☆☆☆

バイバルファミリー(2017)

そしてサバイバルファミリー。

☆☆

まとめ

アドレナリンドライブはたまに見返すといいねっ←今見終わった

2017/01版俺流BOOK☆WALKERの歩き方

最近ようやくBOOKWALKERでの読書方法が固まってきたので整理しておく。端末としてはPCとGalaxy S6 EdgeとKindle fire HD 8の3台体制。

PC(BOOK☆WALKER for Windows)

漫画買ったときの一次観賞用。

f:id:NOGjp:20170205090052p:plain

ソフトウェアの出来がイマイチで後で読み返すのが厳しい感じなのが残念ポイント。1回更新後に読めなくなってからバージョンアップするのをやめてるので、最新版だとまた違うのかもしれないけど。

Galaxy S6 Edge

基本的にモバイルでのラノベ読み用。

f:id:NOGjp:20170205090422j:plainf:id:NOGjp:20170205090411j:plain

未読と積みの2つの本棚体制で、読み終わったら「ダウンロードしたファイルを削除する」を実行してから「『未整理』の本棚に追加」して本棚から消すスタイル。

このあたりの操作が直感的で無いのがBOOKWALKERなのである。

Kindle fire HD 8

もっぱら寝る前に布団の中で読む用専用端末。

未読作品を読む棚が3つ(3つめあんまり使われないけど)

f:id:NOGjp:20170205091555p:plainf:id:NOGjp:20170205091616p:plainf:id:NOGjp:20170205091631p:plain

読み返し用の書棚が2つ

f:id:NOGjp:20170205091757p:plainf:id:NOGjp:20170205091809p:plain

作品/作者個別のお気に入り枠が6つ

f:id:NOGjp:20170205091922p:plainf:id:NOGjp:20170205091935p:plainf:id:NOGjp:20170205091950p:plainf:id:NOGjp:20170205092003p:plainf:id:NOGjp:20170205092013p:plainf:id:NOGjp:20170205092021p:plain

カルマとR.O.Dが纏められているのは冊数的になんとなく収まりがよさそうだったので一つにしてみただけであまり意味は無いです・・・。

あと、この枠結構未読のままになっているのが多いのは、紙で読んでて再読用にBOOKWALKERで買ったものの未だ再読していないというステータスのものが多い感じ。読書歴の同期がうまくいってないケースもあるけど。

このお気に入り棚は今後も増えていくのだろーな、というところ。次は白鳥士郎かな。でかいSD刺してるので容量気にせず単調増加させていっても当面大丈夫だし。

 購入方法

プリペイドコインのオートチャージ&全額コイン支払、での購入をしています。個別支払でも別にいいのですが、あまりに購入回数が多くなって家計簿つけるのが面倒になった、というのが最大の理由。

正直なところ、オートチャージの23時時点で残額3000円以下になっていると10000円チャージされるというバッチ処理はすげー不便。タイミング悪いと3000円以上一気に買う時に対応できないとか、何を考えてこんなシステム組んだんだ?

おわりに

そんな感じで不満は色々ありながらもBOOKWALKERはこんな感じで使っているのでした。結局の所、品揃えというか新刊の早さがBOOKWALKERの最大の利点であり、欠点については目を瞑るしか無いのが現状かと。

ただ、未だ電撃文庫は1ヶ月遅れだったりと、微妙に冷遇されているのも事実。そのあたりがもっと改善していくといいんだけどなー。さてはて今後どうなりますやら。

【速報】葱ベストエロゲ2016(VRエロゲ編)

葱ベストエロゲの投票期間が終わったので速報っ。

2016年ベストエロゲー投票スレッド【1/29〆】 [無断転載禁止]©bbspink.com

今年はスレタイに書いてある締切日が間違っているというハードな仕様(苦笑) そして、このところの葱板自体の人口減に伴って、投票数もさびしい感じになってしまいました。

しかしである。

VR元年といえる2016年の投票ということであり、今年はVRエロゲへの投票は去年の50%増となりました! 

ということで、VRエロゲのランキングを速報でお届けするのであるっ!

ネタばれ防止のため改行します

1位:なないちゃんとあそぼ! 3pt(1票)

1位に輝いたのはつい先週、世界最大のアダルト展示会にまで行き着いてしまったなないちゃんとあそぼ!

vr18.jp

って、俺が投票しただけかよっ!

http://mercury.bbspink.com/test/read.cgi/erog/1484403324/79n

1位:カスタムメイド3D2+ 3pt(1票)

同点1位はCM3D2+といいつつVRパッチに投票されたもの。

kisskiss.tv

http://mercury.bbspink.com/test/read.cgi/erog/1484403324/82n

VRエロゲというジャンルを切り開いたのは間違いなくCM3Dなので素晴らしい作品なのは間違いないのですが、2016年かといわれると微妙ですなー

3位:VRカノジョ(体験版)1pt(1票)

そして今回の葱ベストエロゲで一番凄い投票だったといわざるを得ないのがVRカノジョ!

http://mercury.bbspink.com/test/read.cgi/erog/1484403324/100-102n

vrkanojo.com

初めてVRプレイしたんだろうなとほほえましい感じの感想がなんとも素晴らしい。本編は果たしてどうなるのだろうなぁ。

 

ということで、今回は前回の2票から50%増の3票となりました。2017年こそもっと普及しますように!

葱ベストエロゲに間に合わせるべく、あきゆめくくるをコンプした件

葱ベストエロゲが開催中なのです。2016年ベストエロゲー投票スレッド【1/29〆】 [無断転載禁止]©bbspink.com スレタイが間違ってて1/28〆だったりするのでお気をつけ下さい!

というのはさておき投票を間に合わせるべく、あきゆめくくるを一気にプレイしたのでした。

www.sumikko-soft.com

知っている人は知っているとおり、はるくる、なつくると合わせて三部作なのです。

www.sumikko-soft.com

www.sumikko-soft.com

とはいえ、タイトルが似通ってるのと、SFであるあたりだけが統一されているだけで、お話とかキャラとかは一切関係ないので、シリーズものとは言いづらい。

んで、今回のあきくるは、冒頭からSF設定を前面に押し出したお話。舞台からして「人間以外の全てが同じ1日をループし続ける、狂ってしまった世界」だし、登場キャラは「人工的なDNA“XNA”を組み込まれた、普通の人間とは違う能力を持つ人々」だし、どうお話を展開するのかと期待していたのです。

 しかし、今回、そういう設定は全てギャグのネタやら会話のベースに活かすだけで、お話の大きな筋には絡んでこず、肩すかしを食らった感じ。

一方で、今回は会話のテンポとギャグが素晴らしい。どうしようもなくくだらないネタも多いのですが、プレイしていて飽きませんでした。

そういう意味でラブコメとしては楽しかったのは確かなのですが、求めていたモノとのズレが大きかったので失望感が。

 という感じでした。

そして結局、葱ベストエロゲの投票には入れず。まぁ、しょうがないよね。

でもまぁ、結構票は集まっているように見えるので、上位に食い込んできそうな感じも。さてはてどうなりますやら。

 

投票しようとしたらISBNがない!けど投票しよう好きラノ16下

好きラノ16下に投票してみるのです。

lightnovel.jp

最後にして最初のアイドル

最後にして最初のアイドル

最後にして最初のアイドル

 

【16下期ラノベ投票/電子書籍でしか売ってないのでISBNがねぇよ!】

SFであってラノベと言えるか微妙な作品ですが、下半期で一番印象的だった小説。アイドルものの小説はここのところ増えてきているのですが、ここまで振り切った作品が出てきてビックリです。

兎に角凄いのでみんな読むのです。ラノベ読みには合わないかもしれないですけどねー。

狼と香辛料XVIII Spring Log

【16下期ラノベ投票/9784048923552】

まさかまさかの後日談。綺麗に完結していたが故に、読むのが怖かったのですが、相変わらずの筆致で描き出すこの世界観は凄いの一言に尽きる。読んでいて暖かくなるお話でした。

君の名は。 Another Side:Earthbound

君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)
 

【16下期ラノベ投票/9784041046593】

本編を補完する短編集。ラストの町長話が兎に角素敵でした。映画との合わせ技一本というところで。

R.O.D 第十二巻

 【16下期ラノベ投票/9784086307659】

まさか本当に出版されるとはっ! 間空いてしまったからどうなることかと思ってたわけですが杞憂でした。面白かった面白かった。全キャラに見所があって素晴らしい。さて、あとは締めの13巻がいつ出るかだっ。

まとめ

下期はこれくらいしか印象に残る作品はなかった感じ。アルデラミン・エロマンガ先生・ユーフォ・このすば、といったあたりを固め読みしたりしてましたが、そこまでのめり込む感じでも無かったしなぁ、というところ。

新作系もちょっとは読んだのですが、なんか正直パッとしなかった印象。好きラノの結果から拾って面白いのがあるといいのだけどなー、と思う所存。

2017年はもっと面白い作品が読めますようにっ!

2016年まとめ[ゲーム編] やはりVR元年だったといえよう

1週空いてしまいましたが、2016年まとめの最終回はゲーム編。どうも買ったのは28タイトルだった模様。

ステータスゲーム名ハード購入日完了日ErogameScape得点
プレイ中 カスタムメイド3D2+ PCVR 2016/01/29    
コンプ 凍京NECRO PC 2016/02/13 2016/02/25 79
コンプ まいてつ PC 2016/03/28 2016/05/01 81
試した Chunks PCVR 2016/04/17    
試した Audioshield PCVR 2016/04/20    
試した VRUnicorns #SelfieTennis PCVR 2016/04/24    
コンプ パンチライン PSV 2016/04/28 2016/05/04 70
プレイ中 カスタムメイド3D2 キャラクターパック 母性的なお姉ちゃん PCVR 2016/05/03    
挫折 ISLAND PC 2016/05/04   0
試した プレイクラブ PCVR 2016/05/07    
試した プレイクラブ追加データ+スタジオ PCVR 2016/05/07    
積み ウィザーズコンプレック PC 2016/05/11    
試した Project CARS PCVR 2016/05/14    
コンプ ZERO ESCAPE PSV 2016/06/29 2016/7/24 85
プレイ中 カスタムメイド3D2+ ACT.2 PCVR 2016/07/29    
積み アイドルマスタープラチナスターズ PS4 2016/08/08    
プレイ中 なないちゃんとあそぼ! PCVR 2016/08/14   96
コンプ 手垢まみれの天使 PC 2016/09/28 2016/12/3 61
試した Rez Infinite PSVR 2016/10/13    
試した Playstation VR Worlds PSVR 2016/10/13    
試した THE PLAYROOM VR PSVR 2016/10/13    
試した 初音ミク VRフューチャーライブ 1st Stage PSVR 2016/10/13 2016/10/13  
コンプ アイドルマスターシンデレラガールズビューイングレボリューション PSVR 2016/10/13 2016/10/13  
試した サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム PSVR 2016/10/13    
プレイ中 カスタムメイド3D2 キャラクターパック 健康的なボクっ娘 PCVR 2016/12/01    
プレイ中 カスタムメイド3D2 with Chu-B Lip software side PCVR 2016/12/02    
コンプ 炎の孕ませおっぱい エロアプリ学園 PC 2016/12/03 2016/12/20  71
プレイ中 あきゆめくくる PC 2016/12/22    

18タイトルがVR関係であったということで、やはりVR元年でしたねー。特に印象的だったのは、やはり「なないちゃんとあそぼ!」。いきなり凄いのがキタ!ということで、他がついてこれていないのが気になるところではありますが、ホント、素晴らしかったですな。

そして、2016年は打越ゲーが2作品も出たというのが特筆すべきところかな。まぁ、イマイチ世間的には話題にはなりませんでしたが、相変わらずの作風が個人的には非常に楽しめました。

あと、実は一番期待であった「あきゆめくくる」は未コンプなので、お気に入りになるのかもしれないけど評価未了ということで。導入は悪くはないのですが、一気にプレイせねばというところまでは至っていなかったり。さてはて最後までやったら面白くなるのかなぁ。

そんな感じの2016年作品でしたっ。

2017年は果たしてどうなりますかな。というかいつの間にやらEver17の年だよねー、というあたりが非常に感慨深いです・・・。

 

2017年はじまり

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

 
去年書いてた、週1くらいのここのエントリの作成はほぼほぼ達成できたので、今年も続けていきたいと思います。
 
何か大きなネタも作れるといいなぁ。

VRアニメ『Project LUX』がとてもとても素晴らしかった件

冬コミにて先行発売されましたProject LUXをプレイして衝撃を受けたのでレビューなど。

Spicy Tailsは支倉凍砂氏が主宰する同人ゲーム制作サークル。未だ未だ参入者が殆どいないVRコンテンツにいきなり飛び込む勇気が凄いなー、と思って夏の制作発表から期待していたのでした。

それで、プレイした感想。

ツイートもしましたが、メインヒロインであるところのルクスが可愛い。非常に豊かなモーションを細かくしていて、見ていて飽きないです。表情もコロコロ変わって素晴らしい。

そして、敢えてやってると思うのですが、これまでのアニメや映画などではあまり無い、奥行きを感じさせる動きが、VRを活かしていて、新たなお芝居メディアの可能性を感じました。

全体の9割以上が室内での会話劇なのですが、それでも退屈さを全く感じさせないアニメーションをしていて、いやはや感服致しました。

そして、想像外にやられた感を覚えたのが、ストーリー。人類の大半が電脳化しているという世界の中で、海沿いの小屋で人間の体のまま一人暮らしをしているルクスに対して、役人が創作を依頼しにくるお話。役人というよりは編集者みたいな立ち位置でルクスと会話して喜怒哀楽といった感情についてアイデア出し?っぽいことをするのが全体の8割。最終章は明らかにネタバレになるから説明できないけど、ライトノベルっぽいSFな感じで〆てて、お話として綺麗に纏まってて、見終わった後の満足感が凄かったです。 

 その最終章にだけ話が分岐する選択肢がありますが、基本的には一本道。まぁ、こんな細かい芝居を必要とする映像作品で、本当にマルチエンド作ろうと思ったら死ぬだろうししょうがないところだろうなぁ。

あと、選択肢の判断根拠になる部分が現状のVRの限界を示していて、苦笑してしまった。まぁ、支倉さん自身、

www.4gamer.net

のインタビューで

物語の核心部分は,自分がVRを体験したうえで発見した“盲点”を突いた,VR的叙述トリックになっています

とか言って自覚的にやってるんでしょうけど。この部分の盲点をなくしていけるようにVRの開発者は頑張って欲しいなぁ。

そんな感じでProject LUXの感想でした。次に入手できる機会がどこでどういう形になるのかよく分かりませんが、Vive or Riftを持っている人は是非プレイしてみて欲しい作品です。

 

あと、今週は2016年のゲームの纏めをしようかと思ってたのですが、こんな凄いものを体感してしまってはブログを認めねばというところで。ゲームのまとめはまた来週。