読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年見てよかったもの

2014年総括シリーズ、続いては映像編。

てさぐれ!部活もの

てさぐれ! 部活もの あんこーる Vol.1 [Blu-ray]
 

 なんだかんだで、去年の1期から今年の2期と一番楽しんでたのがてさ部。アニメというよりもお笑い番組として秀逸だったと思います。

そして2期が凄かったのは、BDのおともだちコメンタリー。番組と関係ない人をゲストに呼んでコメンタリーさせるという、他では類をみない構成。それでいて面白くなるんだから、すばらしい芸人魂です:-p

キルラキル

今年BD買い揃えたTVアニメシリーズは実はてさ部とキルラキルだけだったりするわけですが、とにかくパワフルでエンターテイメントに徹したアニメで大変面白うございました。特に最終回、流子を受け止めるシーンでは泣きそうになりながら笑うという得がたい経験でした。

SHIROBAKO

SHIROBAKO 第1巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]

SHIROBAKO 第1巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]

 

そしてBDを買い揃えつつあるのがSHIROBAKO。主人公が成年なのでビールが旨そうなのが凄くいい! あとは労働者としていろいろ共感せざるを得まい。

来年頭のオールナイト前半全話+えくそだすっ上映会に当選したのでかなり楽しみ。

WOOD JOB!

働くひと作品としてはWOOD JOB!もよかった。林業という馴染みの全くない業種でしたが、これはまた凄い仕事だなぁと感嘆することしきり。成果の刈り取りが100年後だったりするあたりの薀蓄がさらっと出てくるのが凄い。そして、映画ならではのハッタリな祭りシーンがとにかく凄い。良くこんなの撮ったよ。

GRAVITY

映像作品としてでも十分すばらしいのですが、4DXシアターでの体験コミで非常に印象に残る映画でした。2800円という勇気のいる価格でしたが大満足

All You Need Is Kill

もいっぽん4DX作品。

原作をうまいこと咀嚼して、映画らしくアレンジできていたのが素晴らしかったです。

 

 ってなところ。働く人たちのお話がなんか増えてきているのが個人的にうれしい一年でした。来年はどんな作品に出会えますかな?